カマン・カレホユック

大村 幸弘 アナトリア考古学研究所長

第33次カマン・カレホユック発掘調査(2018年)開始

カマン・カレホユック2018年

クリーニング作業

第33次カマン・カレホユック遺跡の発掘調査を、7月16日(月)に開始しました。アナトリア文明博物館の学芸員であるニメット・バルさんが文化・観光省から査察官として派遣されてきました。北区では「文化編年」の構築、南区ではヒッタイト帝国時代の建築遺構に焦点を合わせて調査を行います。今週は両発掘区でクリーニングを中心に作業を行い、来週から本格的な発掘調査に入る予定です。(2018年7月20日)(大村幸弘)

カマン・カレホユック2018年

クリーニング作業

カマン・カレホユック2018年

クリーニング作業

カマン・カレホユック2018年

クリーニング作業