2023年度トルコ発掘報告会・第30回トルコ調査研究会のご案内

(公財)中近東文化センター附属アナトリア考古学研究所は、2023年度の発掘調査を、ビュクリュカレ、カマン・カレホユック、ヤッスホユックの3遺跡において4月下旬から11月初旬にかけて順次行いました。ビュクリュカレではヒッタイト語、フリ語で記された粘土板文書が出土し、カマン・カレホユックからは4300年前頃の炉址が出土、ヤッスホユックからは4300年前の大火災を受けた宮殿址の下からさらに古い大火災層が確認され、大規模な建築遺構が出土し始めています。いずれの成果も、歴史の転換点を示唆するものであり、アナトリアだけに止まらず中近東世界の古代の歴史を捉える上で極めて重要なものと考えています。

報告会ではこれら3遺跡の発掘報告を、研究会では3遺跡に関わる研究発表を行います。

皆様には是非ご参加頂きたく、ご案内申し上げます。


プログラムはこちらをご覧下さい.発掘報告会(3日) 調査研究会(4日)


お申し込み要領

参加ご希望の方は2月26日(月)までに参加申し込みフォームよりお申し込みください。定員 (350名)になり次第、締切らせて頂きます。


交通のご案内

東京国立博物館平成館大講堂(東京都台東区上野公園13-9)※西門からお入り下さい(正門からは入場できませんのでご注意ください)
最寄り駅 : JR上野駅 公園口 徒歩約15分
鶯谷駅 南口 徒歩約10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線 上野駅 徒歩約15分
千代田線 根津駅 徒歩約15分
京成電鉄 京成上野駅 徒歩約15分